近鉄橿原線狭幅車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/knr11.htm

html/knr12.htm

html/knr13.htm

html/knr14.htm

'72-1-2 西大寺
モ400形

'72-1-2 西大寺
800系

'72-1-2 郡山
820系

'72-1-1 西大寺
18200系


'69年(昭和44年)の1500V昇圧後も、600系小型車や中型車800系が頑張っていた橿原線
であるが、拡幅化による大型車8000系の進出により、生駒・田原本線へ、更には伊賀線へ
と追われ、狭幅車は遂に消滅してしまった。
唯一、複電圧特急車18200系のみ、団体専用「あおぞらU」として健在なのは嬉しい。
800系は、その後幅広く採用されたWN駆動の標準電動機を装備した、近鉄最初の量産新造
高性能車で、独特の正面2枚窓の顔で上六発天理行き急行に活躍していた頃が懐かしい。