阪神・併用軌道線-金魚鉢

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hsr61.htm

html/hsr62.htm

html/hsr63.htm

html/hsr64.htm

'74-10-4 91形 91
北大阪線 中津

'74-10-4 71形 79
北大阪線 中津〜東大淀

'74-10-4 野田
71形 73、201形 215

'74-10-4 91形 91
北大阪線 野田〜海老江



'73-8-20 国道線 森具〜西宮西口 201形 205

 
(当時のカラー画像は下記アルバムをご覧下さい)
”阪神・併用軌道線-想い出のカラー”

 
 阪神電鉄の併用軌道線車両の内、71形、91形、201
 形は通称”金魚鉢”と親しまれ、戦前の日本の路面
 電車を代表する車種であった。

 71形は1937年に登場し、当時流行の流線形の車体
 に、正面及び側面から屋根にかけての緩いカーブ、
 流線形のカバーを付けた埋め込み式ヘッドライト、
 大きな窓ガラスと扉や窓の上部に設けられた優雅
 な曲線等、戦前当時の阪神間モダニズムを具現化
 したスタイルであった。

 このデザインは、増備形式である91形と201形にも
 ほぼ継承され、'75年の併用軌道線全廃まで全数
 が健在であった。