阪急3000系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hkry101.htm

html/hkry102.htm

html/hkry103.htm

html/hkry104.htm

'75-12-11 中津
3078 他8連

'74-4-4 十三〜中津
3027 他7連

'74-7-4 十三
3033 他8連

'75-5-25 十三
3021 他7連

html/hkry105.htm

html/hkry106.htm

html/hkry107.htm

html/hkry108.htm

'75-12-11 神崎川
3052 他7連

'75-1-26 園田
3007 他8連

'74-3-9 西宮北口
3005 他7連

'70-11-3 夙川
3080 他7連

html/hkry109.htm

html/hkry110.htm

html/hkry111.htm

html/hkry112.htm

'71-5-1 夙川
3076 他7連

'76-3-21 六甲
3007 他7連

'77-5-4 三宮
3052 他8連?

'73-5-23 清荒神〜売布神社
3009 他7連




'71-7-14 西灘 3072 他7連


(2000系は下記アルバムをご覧下さい)
"阪急2000系"

 
 3000系は神戸線用に'64年に導入され、昇圧前の高度成長期を
 支えつつ大量増備された。2000系に装備された複巻電動機による
 定速制御機能や回生ブレーキは備えずになるべく簡素な抵抗制御
 車に戻り、昇圧時に切替即応出来る"おしどり方式"を採用した。
 高圧側Mc車と低圧側M車を有し、昇圧前の600V架線では独立に
 制御し、1500V昇圧後は2両を直列接続して互いに協調を取りつつ
 も基本的には各M車が個々に制御する方式であり、神戸本線にて
 特急から各停までオールマイティーで活躍した。

 車体は2000系に準じた標準車体で、それまでの伝統であった広幅
 貫通路を狭幅に変更して妻引戸を設け、ミンデンドイツ台車は堅実
 な乗り心地を発揮した。
 車種毎の車番体系を確立して、Mc:0番台、Tc:50番台、M:500
 番台、T:550番台と分類されたのもこの形式からであった。

 '74年以降に順次冷房改造されると共に、一般的な1C8M制御化
 されパンタは中間M車に2台搭載となった。上記には非冷房時代で
 モニタルーフが懐かしい'70年代の記録を紹介する。