阪急3100系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hkry201.htm

html/hkry202.htm

html/hkry203.htm

html/hkry204.htm

'74-4-3 十三
3160 他7連

'75-5-25 十三
3111 他7連

'70-11-8 十三
3109 他7連

'75-12-11 十三
3160 他7連

html/hkry205.htm

html/hkry206.htm

html/hkry207.htm

html/hkry208.htm

'72-3-18 庄内
3152 他7連

'72-3-18 蛍池
3150 他7連

'74-5-29 石橋
3107 他7連

'71-5-1 池田
3111 他7連

html/hkry209.htm

html/hkry210.htm

html/hkry211.htm

html/hkry212.htm

'71-5-1 川西能勢口
3107 他7連

'71-5-1 山本
3109 他7連

'73-5-23 売布神社
3111 他7連

'73-5-23 売布神社
3103 他7連




'73-5-23 売布神社 3101 他7連

(3000系は下記アルバムをご覧下さい)
"阪急3000系"


 
 3100系は、神戸線用3000系と同じく'64年に宝塚線用として導入
 された昇圧即応車であり、2100系と共に高度成長期の宝塚線の
 輸送力増強に寄与した。
 比較的低速な路線である宝塚線での運用を考慮して、3000系に
 対して主電動機容量を下げてギヤ比を大きくとっただけの設計とし、
 車体も含めてその他の構成は3000系と同一であった。

 '69年の宝塚線1500V昇圧後はM車2両を直列接続する"おしどり
 方式"にて運転されていたが、'70年代後半辺りから冷房化改造と
 同時にMM'8個モータ一括制御に改造された。

 '80年代末期からは箕面線や伊丹線等での支線運用が開始され、
 '16年には老朽化のため阪急での運用は終了となり、4両1本のみ
 譲渡されていた能勢電鉄に於いても'21年春をもって廃車となった。
 上記にはモニタルーフが懐かしい'70年代の記録を紹介する。