小田急・3100系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/oer41.htm

html/oer42.htm

html/oer43.htm

html/oer44.htm

'74-3-13 南新宿
"はこね"号

'74-3-13 下北沢
"はこね"号

'75-8-3 豪徳寺
"はこね"号

'77-3-13 海老名
"あしがら"号




'73-4-2 下北沢 "はこね"号

(カラー画像は下記アルバムをご覧下さい)
"小田急・特急車"

 
 3100系は、好評を博した3000系に引き続き、輸送力
 増強とサービス向上を目指して'63年に登場した新造
 特急車で、"小田急ロマンスカー"の名を更に高めた。
 
 イタリア国鉄の名車ETR300"セッテベッロ"を意識した
 と思われる運転席を2階に上げて前面展望席を設けた
 斬新なスタイルは、日本で最初に採用した名鉄7000系
 "パノラマカー"には若干後塵を拝したものの、"NSE"
 (New Super Express)という愛称で親しまれた。
 
 編成長140mの11両固定連接車で、7本が製造された。
 '96年から老朽化のために廃車が始まり、'99年以降は
、「小田急開業70周年」を記念して特別装飾が施された
 イベント特急車“ゆめ70”1編成のみが在籍していた。
 '00年にはさよなら運転を行い、惜しまれて引退した。