南海電鉄・11001系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/nkr51.htm

html/nkr52.htm

html/nkr53.htm

html/nkr54.htm

'70-11-23 難波
和歌山市行 急行 5連

'70-12-20 和歌山市
特急 「四国号」

'72-2-15 新今宮
泉佐野行 急行 6連

'84-4-30 福井
モハ3001形(京福譲渡後)




'83-8-14 住吉大社 特急「臨時四国号」 6連

(高野線用21001系は下記アルバムをご覧下さい)

"南海電鉄・21001系"

 
 11001系は南海本線の特急・急行に活躍した2扉クロ
 ス車であり、'54年には正面貫通型で登場したが、'56
 年以降の増備車は当時流行の正面2枚窓の流線型、
 張り上げ屋根車体のスマートなものとなった。

 '73年昇圧時には電気機器と台車を新製して1000系
 と改称され、和歌山市方の1〜2両を座席指定車とし
 た四国連絡特急に活躍していたが、老朽化に伴い、
 一部機器を10000系に譲り'87年までに廃車となった。

 '74年に京福に譲渡されたモハ3001形は、えちぜん
 鉄道に引き継がれる事無く廃車となった。現在でも
 ゆったりした転換クロスシートに網棚下の読書灯等、
 当時の暖かい室内の雰囲気は、大井川に譲渡され
 た同系列の元高野線用17m車21001系で味わえる。