名鉄揖斐線/岐阜市内線・想い出のカラー

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/met21.htm

html/met22.htm

html/met23.htm

html/met24.htm

'75-7-30 黒野
モ700形704+ク2320形2327

'75-7-30 本揖斐
モ520形525+モ510形514

'75-8-1 徹明町
モ560形 564

'81-7-27 徹明町
モ570形 574




'81-7-27 新岐阜駅前
モ510形514+モ520形525

(モノクロ画像は下記アルバムをご覧下さい)
名鉄・岐阜市内線
名鉄・揖斐線・75年7月

 広大な路線網を有する名鉄には魅力ある路線が多数
 存在するが、何と言ってもローカルムード溢れる600V
 線区が人気一番であった。

 大正生まれの旧美濃電のモ510形+モ520形が、揖斐
 線直通急行として豪快にも2連で岐阜駅前まで顔を出
 す様は、正に古色蒼然といった雰囲気であった。
 ピエロの衣装の様な塗色も、一時期左の写真の様な
 スカーレット一色に変更されたが、その後また赤と白
 のツートンカラーに戻っている。当時の上下すっきりと
 した塗り分けに比べ、近年の正面の金太郎スタイルは
 どうもいただけない気がした。

 岐阜市内線では、北陸鉄道金沢市内線から来たモ550
 形(元モ2000形)やモ560形(元モ2200形)が良い雰囲
 気を醸し出していた。
 旅客離れは激しく、有力な引き受け企業が見つかる事
 も無く、'01年9月には揖斐線の黒野以西が、'05年3月
 には全ての600V区間と、惜しまれつつ段階的に廃線
 となってしまった。