近鉄・11400系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/knrx81.htm

html/knrx82.htm

html/knrx83.htm

html/knrx84.htm

'72-1-15 高安

'74-3-15 黄金

'75-8-2 富吉

'75-5-25 大和八木




'81-8-1 今里

(新ビスタカー10100系は下記アルバムをご覧下さい)
"近鉄・10100系"

 
 近鉄11400系は「新エースカー」と称され、'63年に登場した。
 "エースカー"10400系を出力増強した発展形であり、旧性能
 特急車群を置き換えて名阪乙特急や伊勢特急の近代化に
 寄与すると共に、特急運転網の拡大や速度向上に貢献した。
 
 Tc+Mc1-Mc2の3両編成を基本とし、先頭形状は中央貫通
 式で左右の窓位置を高くして左右対称形となり、屋根上には
 分散式空調装置を設け、以降の特急車の標準となった。
 
 必要に応じTc車を増結もしくは解放して2〜4両編成に対応
 出来るので、トランプのエースカードの様に自在に使える事に
 例えて「エースカー」と命名されていたが、当時の花形であった
 "新ビスタカー"10100系や"スナックカー"12000系の活躍の影
 では地道な存在であった。
 22000系の投入により、'93〜97年には全車廃車となった。