京浜急行・700系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/khk31.htm

html/khk32.htm

html/khk33.htm

html/khk34.htm

'73-4-1 蒲田
727 他4連

'74-8-25 神奈川新町
717 他4連

'03-3-17 東門前
736 他4連

'05-7-25 小島新田
736 他4連




'03-3-17 産業道路 704 他4連

 
 京急700系は、18m車ながらも乗降時間の短縮を狙って
 片開き4扉を初めて採用した通勤車で、'67年に登場した。
 正面の一つ目前照灯が車内から交換可能な様にやや
 低い位置に設けられたので、従来の1000系等に比べて
 ユニークなマスクを有していた。
 
 当初計画では2M1T構成で、高加速性能を駆使し各停
 運用に供される予定であった。実際には、T車を追加した
 2M2T編成を中心に運転される様になったので起動加速
 性能が劣り、晩年はラッシュ時対応の優等列車や大師線
 でもっぱら運用されていたのが印象深い。

 経年劣化により2005年までに全車廃車となったが、一部
 のMc車は琴電に譲渡され現在も健在なのが喜ばしい。

       
(1000系は下記アルバムをご覧下さい)
          "京浜急行・1000系"