阪神電鉄・3501形

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hsrx11.htm

html/hsrx12.htm

html/hsrx13.htm

html/hsrx14.htm

'86-1 西宮
3514 他6連

'70-4-23 武庫川
3509 他5連

'71-12-17 須磨
3519 他6連

'87-6 香櫨園
3514 他6連




'72-11-12 西宮〜香櫨園
3512 他3連


 3501形は、2扉クロスシート車の3011形に引き続き、'58年に登場
 した汎用急行車で、正面貫通形の3扉ロングシート車となり、同時
 に導入された両運の3301形に対し片運の2両編成であった。

 クリームと赤のツートンカラーは「赤胴車」の愛称で親しまれ、近年
 まで続く阪神急行系車両のイメージを定着させた。
 急行車としては、電制付きの全電動車方式で直角カルダン駆動を
 採用した最後の形式であり、扉間には2ヶペアの側窓が2組並んだ
 独特のスタイルであった。

 '70年代半ばに8ヶモータ制御の2両固定編成化されるまでは単車
 走行も可能であったので、上記画像の如く1両のみ増結される運用
 にも重宝され、他系列の赤胴車同士と自由に編成を組んでいた。
 8000系の増備に伴い、'80年代後半には全車廃車となった。

     (3301形については下記アルバムをご覧下さい)
             
"阪神電鉄・3301形"