阪急920系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hkrx11.htm

html/hkrx12.htm

html/hkrx13.htm

html/hkrx14.htm

'71-5-1 小林
946 他4連

'72-3-18 池田
944 他8連

'74-3-9 西宮北口
957 他4連

'74-4-3 十三
928 他8連



'76-3-21 六甲 957 他7連



 
 920系は、梅田〜三宮特急25分運転に向け'34年
 (昭和9年)に製作された全鋼製17m車で、170kW
 モータ×4台という当時最大級の出力を備えた。
 Mc-Tcユニット方式を採用し、その間に広幅貫通
 路を有する戦前の阪急標準スタイルを確立した。

 乗務員室を撤去して中間車化された車両もあった
 が、最後まで2扉のまま美しい原形を保っていた。
 '79〜'82年にかけて廃車となったが、一部の車両
 は4050、4250形として救援車に姿を変えて存在し
 ている。

 晩年は主に神宝線の支線にて活躍していたが、
 中間に900形を挟んだ7〜8連で本線を疾走して
 いた姿が忘れられない。 


   ← '74-6-5 六甲 900形 900号車


(800系のアルバムは "阪急800系" をご覧下さい)