南海電鉄・平野線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/nkr71.htm

html/nkr72.htm

html/nkr73.htm

html/nkr74.htm

'76-3-19 西平野〜平野
モ151形 154

'76-3-19 平野
モ121形 128

'76-3-19 西平野〜平野
モ301形 301

'75-11-23 恵美須町
モ121形129、モ501形509




'76-3-19 天王寺駅前
モ121形 128


 
 南海電鉄平野線は、阪堺線今池から分岐し、阿倍野で
 上町線と連絡して、平野に至る5.9km長の路線である。
 阪堺線や上町線と共に南海大阪軌道線を形成していた
 が、平野線廃止直後に阪堺電軌として分社化された。

 阪堺線乗り入れと上町線乗り入れが交互に運行され、
 恵比須町行きは白地に黒字、天王寺駅前行きは青字
 に白字の円形の行先表示板を掲げていた。
 この路線は専用軌道区間や直線区間が多く、多分に
 郊外電車的な雰囲気を醸し出していた。

 路線の大部分は阪神高速松原線のために土地を譲り、
 晩年は建設中の高架道路下を行く姿が見られた。
 大阪地下鉄谷町線の八尾南延伸と同時に、'80年11月
 に惜しまれて廃線となった。

    
(分離独立後の様子は下記アルバムをご覧下さい)
            ”阪堺電気軌道”