南海電鉄・南紀直通列車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/nkr31.htm

html/nkr32.htm

html/nkr33.htm

html/nkr34.htm

'72-2-15 新今宮
”南紀直通”特急
サハ4801+1551形4連

'72-2-15 新今宮
モユニ牽引 回送
モユニ1043+サハ4801

'72-2-15 新今宮
”きのくに7号”
キハ5551形+キハ5501形

'82-12-11 和歌山市
”きのくに8号”
キハ5501形




'82-12-11 御坊 ”きのくに8号” キハ5501形
381系 ”くろしお10号” を待避中

 
 戦前から阪和電鉄に対抗して南紀直通列車を運
 転していた南海電鉄の、変わり種列車を紹介する。
 
 サハ4801は南海唯一の客車として電車に牽引さ
 れ、線内は特急扱いで運行されていた。国鉄スハ
 43に準じた設計で、緑の塗色と車端の乗降口上部
 に設けられ”南海”と表示された標識灯が特長であ
 ったが、難波駅の大改良で客車運行が困難となり、
 '72年(昭和47年)3月14日限りで姿を消した。
 
 キハ5501形・5551形は国鉄キハ55形とほぼ同一
 仕様で計9両製作され、線内は特急扱い、和歌山
 以南は国鉄気動車に併結され、”きのくに”号とし
 て最盛期は4往復の運行を数えていた。紀勢線の
 電化や特急”くろしお”の増発に伴い、'85年(昭和
 60年)3月12日〜13日で姿を消してしまった。