名鉄瀬戸線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/met31.htm

html/met32.htm

html/met33.htm

html/met34.htm

'74-3-15 尾張瀬戸
モ702+モ759

'74-3-15 尾張瀬戸
モ906+ク2323

'74-3-15 尾張瀬戸
モ703+?

'75-8-1 堀川
ク2324+モ904




   '74-3-15 大曽根 モ906+ク2323


  ガントレットの様子はこちらをご覧下さい)


 600V時代の瀬戸線の様子を紹介する。
 モ900形は、スカーレットに白帯を巻き立派なヘッド
 マークを掲げて、転換クロスにミュージックホーンも
 高らかに、20分ヘッドで特急に活躍していた。

 本町〜堀川間には、
ガントレットと称する特殊配線
 (ポイントを用いず跨線橋の下の単線スペースで複
 線運転を実施する構造)があり大変貴重であった。
 但し大津町以西は運用ダイヤが少なく、残念ながら
 私は結局、此処で車両が通過する風景を撮る事が
 出来ないまま、当区間は廃線となった。

 '78年(昭和53年)には、1500V昇圧と栄町地下乗入
 工事が完成し、飛躍的な車両改善、輸送力増強が
 図られた。
 揖斐・谷汲線に去ったモ750形が、最近までその原
 形に近い姿を留めていたのが、記憶に新しい。