近鉄・内部線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/knr1.htm

html/knr2.htm

html/knr3.htm

html/knr4.htm

'74-10-11 四日市
モニ210形 214

'74-10-11 内部
(左) モニ210形 211
(右)  サ120形 121

'74-10-11 内部
モニ220形 228

'74-10-11 内部
モ230形 231

html/knr5.htm

html/knr6.htm

html/knr7.htm

html/knr8.htm

'74-10-11 内部
サニ110形 111

'74-10-11 内部
サ130形 131

'74-10-11 内部
サ130形 132

'74-10-11 内部
サ150形 158




'74-10-11 内部 モニ210形 214

(当時の他ナロー線区の様子は
"近鉄・北勢線"  をご覧下さい)

 
 近鉄内部線は特殊狭軌線と呼ばれる762mm軌間の
 ナロー線区で、四日市を起点に西部郊外の内部とを
 結ぶ5.7kmの短距離路線である。
 
 三重県下の各種軽便鉄道(北勢鉄道、四日市鉄道、
 三重鉄道、松阪軽便鉄道等)を合併して出来た三重
 交通からの継承車から構成されていたが、'80年代
 以降は間接自動制御化やATSの導入等、大規模な
 近代化が実施された。

 上記に紹介した頃と趣は変わってしまったが、今も
 一部の車両は付随車として健在である。
 当時の内部車庫の周辺は全て田圃であり、構内の
 至る所でヘビがとぐろを巻いており、安心して撮影
 出来なかった記憶がある。