近鉄南大阪線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/knr51.htm

html/knr52.htm

html/knr53.htm

html/knr54.htm

'71-9-12 今川
モ6601形 6632
(元大鉄 デニ形 532)

'71-9-12 今川
ク6671形 6679
(元大鉄 フイ形 609)

'70-8-2 橿原神宮前
モ5651形 5661
(元大鉄 デハ形 111)

'75-5-25 道明寺
6411系 ク6521形 6521




'70-8-2 橿原神宮前 臨時快速吉野行き
モ5820形 5821”かもしか”(元伊勢電 モハニ231形)

 
 近鉄南大阪線は大阪南のターミナル阿部野橋
 から南東方面に向かう狭軌線であり、吉野神宮
 への観光客輸送を除いては目立たぬ存在の路
 線であるが、近鉄の路線の中では最古の歴史
 を持つ。
 大鉄が大阪〜吉野間直通運転に備えて我が国
 初の20m電車デニ501系を一挙に60両も新造し
 たのが'28年(昭和3年)であり、上記に紹介した
 当時はその全数が主力として残っており、モ58
 20形”かもしか”号も臨時列車で活躍していた。

 '83年に廃車となる戦後生まれの6411系を除き、
 上記車両の殆どは'70年代前半に廃車、もしくは
 養老線転属となった。
 現在の今川駅は高架化され新幹線タイプの待避
 駅となっており、当時の面影は全く感じられない。