近鉄2200系

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/knr31.htm

html/knr32.htm

html/knr33.htm

html/knr34.htm

'70-8-2 八木 2200系
モニ2302(参急デトニ2302)

'71-7-31 布施
2200系 モ2216

'72-1-15 上本町
2227系 モ2229

'74-3-15 黄金
2227系 モ2232




'71-2-2 布施 2227系 モ2237


(名古屋線の元特急車は下記アルバムをご覧下さい)
"近鉄・6301系"


 近鉄2200系・2227系(新2200系)は、上本町〜宇治
 山田間を結ぶ参宮急行電鉄(上本町〜桜井間を開
 業した大阪電気軌道の系列会社)が製造した我が
 国初の本格的な長距離急行電車であり、33‰の急
 勾配が連続する布引山地をものともせずに疾走し
 た名車であった。

 戦後の特急創設時には一部の車両は座席指定特
 急車両として整備され、特に宇治山田寄りに連結
 されたデトニ2300形にはコンパートメント室が設け
 られ、一般車格下げ後もその姿をとどめていた。

 上記写真に紹介する頃は上本町〜宇治山田間の
 急行を中心に運用されていたが、1970年(昭和45
 年)以降の4扉固定クロス車の2600系・2610系の増
 備に伴い、2200系は1974年(昭和49年)に、2227系
 は1976年(昭和51年)までに全車廃車となった。