京阪電鉄・石山坂本線−旧型車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/khr41.htm

html/khr42.htm

html/khr43.htm

html/khr44.htm

'74-5-29 浜大津
350形 358

'74-5-29 石山
350形 359

'75-3-7 松ノ馬場〜穴太
260形 268+267

'75-3-7 松ノ馬場〜穴太
260形 284



'74-5-29 浜大津 260形 272 300形 308

('87年5月の様子は下記アルバムをご覧下さい)
”京阪・石山坂本線−87年5月”

 
 京阪・石山坂本線は、石山寺から坂本まで琵琶湖西
 岸に沿って走る路線で、浜大津駅で京津線と接続し、
 主に浜大津中心の市内輸送を担っている。

 260形は200形の機器流用車で、一部は500形に改造
 された。300形は本線300形の機器流用車で、車体は
 600形に流用された。350形は800形の機器流用車で、
 電制を装備していないので石山坂本線専用車だった。
 共に'97年10月の1500V昇圧までに廃車となり、600形、
 700形に代替された。

 '81年に浜大津統合駅が出来るまでは京津線からの
 石山行き直通準急が浜大津駅でスイッチバックして
 乗り入れていたのが懐かしく、田畑豊かな沿線風景
 も宅地化が進み一変した。