阪神・西大阪特急

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hsr41.htm

html/hsr42.htm

html/hsr43.htm

html/hsr44.htm

'71-7-15 魚崎
3061系 3565

'71-7-15 御影
7861系 7972

'72-7-14 西宮
3521形 3528

'74-10-4 尼崎センタープール前
7861系 7866




'74-10-4 武庫川 7861系 7861

(注:'09年3月に阪神なんば線が延伸開業し、
”N特”は”快速急行”として復活しました。)


 
 西大阪特急は通称”N特”と呼ばれ、国鉄大阪環状
 線を介して南大阪と神戸を短絡する目的で設けら
 れた特急列車であった。

 '65年登場時は元町発着であったが、'68年の神戸
 高速鉄道開業時からは三宮折り返しに改められ、
 西宮・尼崎停車の関係から、上りは特急に続行、
 下りは特急に先行する変則ダイヤであった。

 西宮から三宮に向かう直行客には便利であったが、
 それ以外は利用客も少なく、こじんまりした2〜3連
 で運用されていたが、'74年には運転廃止となった。
 難波延長線開業時には尼崎駅も大改良され、近鉄
 との相互乗り入れ区間が三宮までと発表されている
 ので、”N特”の復活が待たれる。