阪急・甲陽線・旧性能車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/hkr21.htm

html/hkr22.htm

html/hkr23.htm

html/hkr24.htm

'73-5-5 夙川(神戸線)
610系 618 他3連

'79-6-24 夙川
800系 850 他3連

'81-8-23 苦楽園口〜甲陽園
800系 801 他3連

'81-8-23 苦楽園口〜甲陽園
800系 851 他3連





 阪急甲陽線は朝夕の通勤・通学ラッシュ以外は閑散としており、
 年に1回の夙川の桜の季節のみ、大変な賑わいを見せる阪急
 一のミニ路線である。

 私の記憶は昭和40年代前半の610系2連から始まるが、その後、
 610系3連→810系2連→800系3連を経て、'82年(昭和57年)頃の
 1010系3連で高性能車化が図られた
 (但しこの時、旧性能の1200系も同時に投入されたらしい)。
 
 その後も2000系から3000系へとめまぐるしく運用車両は変わり、
 '98年からは自動放送を装備した6000系ワンマン対応3連が就役
 している。

        ← '81-7-31 夙川 800系 800 他3連

 
(2000系が活躍する様子は"阪急甲陽線・2000系"をご覧下さい)